ママの結婚

子ども情報と子ども・孫のコラム

 

最近はシングルマザーとして子育てを頑張る方も多くなってきました。
しかしシングルマザーには沢山の問題がある事も現実です。
子どもの教育、住居、仕事、養育費や慰謝料など、様々な苦労をママが背負わなければなりません。

そんなシングルママさんも時間の経過と共に、再婚について考える機会もあるかもしれません。
とはいえ、子育て中のシングルママにとっての再婚とは大きな問題です。
「失敗を繰り返したくない」や「子どもにとっての第二のパパを見つけること」でもあります。

だからこそ、好きなだけで突っ走るのは駄目で、子どもたちの良きパパとして、ふさわしい方が理想です。

そんなシングルママさんが結婚・再婚を考えた場合の注意点や応援を伝えたいと思います。

 

結婚・再婚を焦らないで

シングルママさんが結婚・再婚相手を決める際に重要なのは、やはり相手の男性の性格や行動です。
次に上げる項目に当てはまる方は極力避けた方が賢明です。

避けるべき男性とは

 ・DV、モラハラ、怒りやすい性格である。
 ・ギャンブル・アルコール中毒であり止められない。
 ・浮気癖がある。
 ・莫大な借金を抱えている。

一度結婚生活を経験し失敗しているシングルママであれば、これらの男性を選んだ場合
どれだけ悲惨な生活となるかは想像が付くかと思います。
こうした男性と結婚してしまったことによるリスクは、ママ本人はもちろん、大切な子どもたちにも及びます。

残念ながら、ママの再婚相手からの暴力や虐待で悩む子どもは決して少なくありません。

こうしたリスクを避けるために、相手の男性がどんなに魅力的で好きになったからと言っても簡単に結婚を考えず、まずは相手がどんな性格か、普段どんな生活をしているのかを知る事が重要です。

相手を見極める

男性は劣る部分を隠し、良い部分だけ表現する事があります。
その部分だけを見ると魅力的に見えるし、裏の顔まで中々見抜けない事でしょう。

シングルママさんは「この人を逃したら、次はないかもしれないから」なんて焦る事はせず、ここはじっくりと相手を見極めることが大切です。

そう言った意味では結婚・再婚をすぐ決めないで、子ども同伴でデートを楽しむことも大切ですし、子どもと一緒に同棲してみるのも良いかと思います。

子どもへの配慮

シングルマザーとは言え、女性ですので恋愛もしたいと思います。
とはいえ子育て中の女性としては、恋の甘さや、男性の魅力に浮かれているだけではいられません。

恋する時間より子どもと一緒に

彼とのデートのために子どもとの時間を犠牲にするようなことは余りおすすめできません。
保育園や幼稚園に預けている間の時間を有効利用し、それ以外はなるべく子どものそばに寄り添って下さい。

子ども達はママの心情の変化にすぐ気が付きます。
再婚を考えるなら、まずは子どもたちに不安や心配をかけない事が一番です。

子どもたちとどう接してくれるか

シングルママさんが再婚するのであれば、相手の男性と子どもが楽しそうにしているのはもちろんのこと、本当の親子関係になれるか、も心配です。
本気で家族になるのであれば、子どものわがままな所を見せ、相手の男性がどう思っているのか、どう接してくれるか、どう怒ってくれるかも重要です。

結婚・再婚を考えているシングルママさんへ

シングルママの再婚と言うと、ある面「子どもたちの第二のパパ探し」もあるかとは思います。が、結婚するのは自分自身であり、再婚で得られるのは「自分自身の生涯のパートナー」でもあります。

でも子ども達が心から楽しんでくれる、安心して生活出来る相手でなければ
いくらママがその人の事を好きになっても本当の幸せや家族にはなれません。
時には一緒に笑い、時には一緒に悩んで、時には一緒に泣いて、本当の親子関係が築かれます。

子連れ再婚と言うと、相手や自分の親兄弟、親戚に至るまでなかなかと難しい部分があるかとは思います。
ですが、重要なのはそんな大人の事情では無く、子どもたちの笑顔です。

自分はもちろん、子ども達まで愛情いっぱいそそぐ人と出会えたら
彼の胸に飛び込むのも考えてみたらいかがでしょうか

子ども達から「ママ結婚おめでとう、素敵なパパをありがとう」と言われるような
そんな方と出会えることを祈っています。

ママの結婚:作詞作曲 坂田おさむ

 

コメント