子育てに休日はないの?

子どもや孫の気になるコラム

 

日曜日って誰が決めたの?

日本では基本的に日曜日が休日ですよね
では、そもそも休日って誰が決めたのでしょうか・・・・

子どもの頃からそんなの当たり前だったし、考えた事もなかったと思います。
では今回のタイトル「子育てに休日はないの?」にあわせ、まずそこから考えてみましょう。

 

休日は誰が決めたのか

 

休日は誰が決めたの?

総理大臣?大統領? いえいえ、違います。

休日は旧約聖書からの来ているのです。

旧約聖書に載っているモーセの「十戒」 

「じっかい」と呼びます。「じゅっかい」ではありません。

 

 

 

 

モーセが神から与えられたとされる10の戒律のことです。
その内容を簡単に書くと以下のとおりです。


    1.私以外の何者も神としてはならない。

    2.偶像を作ってはならない。
    3.主の名をみだりに唱えてはならない。
    4.週に一度は休日としなさい。
    5.父母を敬いなさい。
    6.何をも殺してはならない。
    7.姦淫してはならない。
    8.盗みを働いてはならない。
    9.隣人のことを偽証してはならない。
   10.他人の物を欲しがってはならない。

 

この中の4.に当たる言葉から休日が出来たのです。

旧約聖書は今から3000年前に作られた本ですが、10個の戒律が現在に至るまで教えられているなんて凄いですよね

 

旧約聖書と新約聖書の違い

 

「旧約聖書」は、紀元前十世紀から前一世紀の間に書かれ、ユダヤ教の聖典としてまとめられたもので、ユダヤ教の人はこれが聖書と呼びます。


「新約聖書」は、イエス・キリストによる救いの事蹟とイエス亡き後の弟子たちの布教の様子、教義の確立過程などを描いていて紀元一世紀から二世紀中頃に書けて書かれたものです。「新約聖書」は「旧約聖書」の一部を引用しているとの事です。

キリスト教の人は新約聖書を聖書と呼びます。


「旧約聖書」と「新約聖書」とは、書物としては別のものなんですよ。

ふつう考えると、「旧約聖書」訳した本を「新約聖書」みたいに思うよね


ちなみに私はどこの宗教にも属さないですが、新約聖書(一般的に言う聖書)は読んだことありますが、その中に「十戒」は出てこないと思いました。

 

日本が日曜日を休日とした理由

 

何故日本は日曜日を休日としたの?

明治元年に欧米と歩調・仕組みを合わせるために日曜日を休日としたんじゃよ

簡単に言うと

  キリスト教国・太陽暦を採用している国     :日曜
  イスラム教国・イスラム暦を使っている国    :金曜
  ユダヤ教国(イスラエル)・ユダヤ暦を使ってる国 :土曜

が休みとなります。

 

子育てには休日はないの?

 

子育てには休日はないの?

う~~~~~~ん・・・・

さて、本題に入りますが、子育て中のママさんは誰でも一度は「子育てには休日はないの?」と思われることでしょう。

 

 

 

 

子育ては大変です。
子どもが小さい時は夜泣きなどで、少し大きくなればなったで言う事を聞かないし、汚しまくるしで、ママのイライラもMAXです。


またまた仕事をしながらのママは、それに加え休みの日でもご飯は作らないといけないし、自由がない・寝れないなど余計にストレスが溜まっているかと思います。


これらを考えると、やはり「御主人に少しでも手伝ってもらう」が唯一の答えだと思います。


近くに自分の母とか居れば、まだ少しは子どもの面倒見てくれるでしょうが、毎回毎回とはいかないし、義理母では難しい部分もあるかもしれません。


ですから結果的に御主人を頼るしかないし、また当然御主人もその思いに答えなくてはいけません。


ですが、御主人に何でもかんでも期待する・押し付けると言う事は間違っています。

御主人に期待し過ぎても、それはそれでうまく行きませんし、余計なトラブル・ストレスが発生するだけです。


御主人に頼むのは、例えば

   ①帰宅した時ぐらい子どもの面倒を見る。
   ②毎日でなくても食後の食器洗い・片付けをやる。
   ③休日は洗濯・掃除・食事・買い物を手伝う。

俺の経験で言うと、こんな感じの事しか出来ないかと思います。

 

夫婦とは・・・

付き合っている頃は楽しかったでしょうが、結婚し、一緒に暮らしてみて始めて分かる事も多いです。

 

 

 

 

子どもが生まれ、子育てが始まると、一気に大変になります。


が、そこはやはり自分の子

大変な事もストレスもイライラも、全ては自分の子どものため


子どものためには何でも出来るでしょ?・・・・


俺は今月59歳になりますが

未だに毎日ではないけど食後の食器洗い・片付けをやっています。


その理由は

夫婦って、苦楽を共にするもの、だからお互いに労わりの気持ちが大切。

と思っているからです。


ママには休日はないかもしれません。

でも、苦労した分だけ、愛情を注いだ分だけ、間違いなく子どもは心も体も成長して行きますよ。


だから、もうひと踏ん張り頑張りましょうね。

 

コメント

  1. めぐっち より:

    初めまして。
    そもそも子育てを「夫に頼む」という考えが間違っているのです。
    子育ては夫婦での共同作業なのです。
    むかしはどうだったか。
    女は家庭を守る者、とされてきました。
    でもいまは違います。男女ともに仕事をもったり、たとえ外に仕事をもたずとも家事はキリがないのです。
    子どもは夫婦で生みだした宝物。
    どんな疲れて帰ってきても妻に「ありがとう」の一言を心からかけるべきです。
    その言葉だけでかなり癒されると思うのです。
    それが「愛」であり、そんな環境で育った子は優しくも強い気持ちを受け継いでいくのではないでしょうか?
    子育ては「ふたりで」を実践してほしいです。

    • しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじ より:

      めぐっちさん、コメント有難う御座います。心から感謝申し上げます。

      そうですね、確かに子育ての協力を「夫に頼む」と言う考え方は間違っています。
      子どもは夫婦の愛の結晶ですから、夫婦2人で育てるのが当たり前ですよね

      ですが、男性の中には当たり前の事が、当たり前でない方も居られる事も事実でして
      何でも協力してくれる夫を持つママさんからしたら、今の世の中、そんな夫がいる事自体信じられないでしょう。

      実は今回の記事の結末は、そんな協力しない御主人に対して俺の意見をやんわりと述べたもので
      「やって当たり前」を全面に出すと、いらん波風を立てることとなり、夫婦仲が余計に悪化する可能性もあったので
      「御主人に少しでも手伝ってもらう。」と書きました。
      正直、夫婦と言っても千差万別ですし、それぞれ考え方も違い正解は無いのですが
      それぞれの立場と大変さを考慮し、俺としたら気を使って書いたつもりですが、もしお気にめさない文章であれば本当に申し訳ありません。

      とにかく夫婦であってもちゃんと会話や挨拶する事は本当に大切ですよね
      皆さん、子育て頑張って下さいませ。

  2. めぐっち より:

    お気を悪くさせてしまったでしょうか。すみません。管理者様のテーマにそぐわないコメントだったようで、お詫びいたします。

    • しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじ より:

      めぐっちさん、こんにちは

      いえいえ、とんでもないです。気なんて少しも悪くしていないですよ
      色んな方がいる分だけ、様々な考え方があって当然です。
      ブログで自分の考えを示しているので、意見の相違や同意、なんでも有りですし
      またそれがブログの面白い所でもあると思います。

      それよりも「子どもがいっぱい笑ってる」を訪問して頂き、本当に有難う御座います。
      なんせ素人同然の俺が3カ月前に作り始めたサイトでして、設定やサーバーの問題を抱えている事は事実でして
      サイトに入りにくい・繋がりにくい等ありますが、とりあえず一歩一歩進みたいと考え記事や動画をUPしています。

      「子どもがいっぱい笑ってる」は個人サイトですので、大手サイトにはかなわないのは重々承知ですが
      子どもの笑顔と、パパ・ママのお役に少しでも立てれれば・・・と言う気持ちで運営しています。

      これからも「子どもがいっぱい笑ってる」を宜しくお願いします。

  3. 篠原莉子 より:

    おぅ!! ワードプレスの入れ替えできたのですねv(。・・。)イエッ♪
    >子どものためには何でも出来るでしょ?
    まさにそうですよねぇ!!
    それができなけりゃ、子ども生まないでほしいゎ。
    夫婦でしっかり子育てしてほしい。
    わたしは自分の娘夫婦にもそう望んでいます。
    どっちも仕事もってるから大変だろうと思うけど、子どもにストレスを与えちゃいけないですよね。
    お母さんのストレスは子どもに伝染するんですよ。
    うちの場合は手助けしてるからですが、そういうのがない方はしんどいと思います。
    わたしは誰にもhelpを求めなかったから、大変さがわかりますよ。
    でもいまは、多様な支援があるので活用されたらいいと思います。
    そういう支援の場もここで教えてあげてくださいね。

    • しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじ より:

      篠原さん、こんにちは~~~ (゚Д゚)ノ  コメント有難う御座います。

      >ワードプレスの入れ替えできたのですねv(。・・。)イエッ♪

      ワードプレスは本体であって、それは入れ替え出来ないんですよ
      変えたのはテーマで、ライオンブログからコクーンに変えたのですね
      例えるなら、FU2ブログがワードプレス、FC2のテンプレートがライオンブログとコクーンみたいな感じですが
      FC2の場合はテンプレート変えても背景とか左右のサイドバーの位置とか変わるぐらいで、簡単に変える事出来ますが
      ワードプレスの場合、テーマも変える事はフォントの設定やら記事の画像を貼り直したり、色んな作業が大変なのです。

      記事が少ないうちは良いですが、多くなるとその作業も大変ですので、テーマを変えるならなるべく早く変えた方が良いですが
      こういうこともワードプレスを使い始め、暫くたってから初めて分かる事でさ
      俺のよ~な初心者にとっては、何をやっても次から次へと高いハードルが待ち受けているのも事実なんですよ。

      ですから、ただ単に日記を書くだけならFC2ブログ等の方が遥かに簡単ですし、また無料であるのも魅力的です。
      が、色んな可能性があるのは自分だけのオリジナルサイトだと感じますね。

      子どもを育てると言う事は、本当に大変ですよね
      そう言う事も、子どもを持って初めて分かる事なんですが、苦労が多い分、可愛いと言いますか
      いや、苦労が無くても可愛いでしょうがね(笑)

      >お母さんのストレスは子どもに伝染するんですよ。

      分かります分かります。
      夫婦喧嘩とか、子どもはその状況を確実に受け止めますからね
      ずぅ~と仲良しこよしの夫婦が理想ですが、長く生活していく中では色んな事ありますので
      とにかく、相手を思いやる事が大切だと思います。

      >そういう支援の場もここで教えてあげてくださいね。

      正直、読んで驚いたと言いますか気が付いたと言いますか。
      この「子どもがいっぱい笑ってる」では色んな情報を取り上げたいと考えて、作っています。
      悩みやトラブルなら「子どもや家庭の悩み相談室」に取り上げているのですが
      「支援の場」となるとまた別のカテゴリーですよね
      実は別のカテゴリーについて考えてもいたのですが、考えつかなかったので
      良い情報を頂きました。ありがとぉ~ね(笑)

      こうしてコメントを頂くのは本当に有難いです。
      なんせ吹けば飛ぶよ~な弱小サイトに訪問して頂けるだけでも嬉しいのに
      コメントしてくれる、と言うのは心の支えにもなるし、また何よりも皆様の色んな意見が聞けて嬉しい限りです。

      自分の仕事もあるので、簡単に記事をUPは出来ませんが
      とにかく皆様の声を反映し、もっともっと子どもやパパ・ママ、じぃじ・ばぁばが見てくれるサイトにしたいと思います。

      これからも宜しくお願いします。