子ども医療電話相談(#8000)

妊娠・出産時の手続きと子ども医療

 

病院が閉まっている時間帯なのに子どもが熱を出してしまったの、
すぐ夜間救急病院へ行ったほうがよいのかしら・・・

 

そんな時には慌てないで、電話で相談でき、どう対処すべきか助言してもらえる「子ども医療電話相談(#8000)」に聞いてみるのもひとつの手じゃよ

 

子ども医療電話相談とは

子ども達は昼間元気いっぱいに遊んでいたのに、夜になって急に発熱・嘔吐・湿疹などが出て、とても心配した事は保護者の方なら誰でも一度や二度経験した事があると思います。ましてや初めてのお子さんの場合はよけいに心配ですよね

子ども医療電話相談とは、保護者の方が休日・夜間の子どもの症状にどのように対処したら良いか、病院を受診した方がよいのかなど判断に迷った時に小児科医師・看護師に電話で相談出来るものです。

この事業は全国同一の短縮番号#8000を押すことで、お住いの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けれます。

現在子育てを行っている保護者の不安の軽減と、安心して子育てができる環境づくりを目標に、厚生労働省が平成16年に開始、平成30年度には全国47都道府県で事業が展開されています。
固定電話・携帯電話、どちらからも通話可能です。


医療電話相談のイメージは下記のとおりです。(厚生労働省HPより抜粋)

子どもの対象年齢や対応可能な時間帯

 

子どもの対象年齢は概ね15歳(中学生)ですが、通話が可能な時間帯は各都道府県ごとにさまざまで、19:00〜22:00のところもあれば、19:00〜翌朝9:00までの地域もあります。

いざというときの為に、事前にお住まいの対応時間を確認しておく事をおすすめします。

全国子ども医療電話相談実施状況

下記を押すと別枠で全国の「子ども医療電話相談事業実施状況」が表示されますので、お住いの地域における状況を確認して下さい。

  全国小児救急電話相談#8000

※出典:公益社団法人 日本小児科学会

子どもの症状における医療電話相談と救急病院の認識

子ども医療電話相談(#8000)は夜間や休日など、通常病院が開いていない時間帯に医師や看護師に相談のできる場であり、重大な緊急時の連絡先ではない ということを必ず認識しておいて下さい。

子どもの意識がなかったり、呼吸が弱い、大けがにあったなど緊急を要する場合は迷わず119へ連絡するか、救急病院へ連れて行ってください。

なお、119に連絡する場合は、まず落ち着いて、現在の状況を詳しく冷静に伝え上で、救急車到着を待ちましょう。
症状が軽いと判断された場合には必ずしも救急車が来るとは限らないので、その場合の対処も落ち着いて考える事が大切です。

子どもの症状を見るポイント

下記に子どもの様子がいつもと違うと感じたときの症状を見るポイントを記載しています。#8000 は診断とは違い、電話でのやり取りになるのでどのような症状があるのかを具体的に、また冷静かつ正確に言葉で伝えて下さい。

    
・顔色が悪くぼんやりして目の動きに元気がない。
・目やにがひどい。目が赤い。まぶたの腫れ。涙目。
・鼻水、鼻づまりがひどい。
・唇の色がわるい。唇・口の中を痛がる。
・のどが痛い。咳が出る。
・耳をさわって痛がる。耳だれがでる。
・息苦しそう、ゼーゼー鳴る、咳がつづく。
・ポツポツ湿疹が出ている。水泡、化膿がある。
・お腹が張って、触ると痛がる。
・尿、便の色、匂いがいつもと違う。下痢、便秘がひどい。
・食欲不振 など

出典:そうか子育て応援・情報サイト「ぼっくるん」

ためらわずに救急車を呼んでほしい症状:小児(15歳未満)

こんな症状が見られたら、ためらわずに119番に連絡してください!
重大な病気やケガの可能性があります。

・唇が紫さき、呼吸が弱い。
・頭を強くぶつけて出血がとまらない。意識がない。けいれんがある。
・手足の硬直。
・頭を痛がり、けいれんがある。
・激しい咳やゼーゼーして呼吸が苦しく、顔色が悪い。
・激しい下痢や嘔吐で水分がとれず食欲がなく意識がはっきりしない。
・激しいお腹の痛みで嘔吐がとまらない。
・ウンチに血が混じっている。

出典:そうか子育て応援・情報サイト「ぼっくるん」

子ども医療電話相談(#8000)に繋がらない場合の対処

地域によっては#8000の電話回線自体が1回線しかないといった所もあり、時間帯や込み具合によっては、#8000になかなか繋がらないといったケースもあります。

そのような場合には、#8000のウェブ版である「子供の救急」が便利です。1ヶ月〜6歳までの子どもを対象に、症状を選択して複数の項目のうち該当する物に全てチェックを入れると、適切な対処方法や緊急性の有無を判断してくれます。

下記を押すと別枠で「子供の救急」が開きます。

      子どもの救急

※出典:公益社団法人 日本小児科学会

子ども医療電話相談にかかる費用

#8000 に相談する場合、通話料が発生し電話をかけた方の負担になります。
相談料金等は発生しませんので、かかる費用は通常の電話代のみの負担となります。

その他の重要な予備知識

子どもを病院に連れて行くまで、空いた時間にしておいた方がよいこと

救急病院または翌朝病院が開いてから行くまでの時間には

・何時にどんな症状が出たのか?
・その症状がどのくらい続いたのか?
・症状が出た時の感覚は?

などといった細かな状態を説明できるよう、なるべくメモに書いておく事で受診時に正確に医師へ伝える事ができ、診断もスムーズかつ的確に行えます。

救急車要請時に大切なこと

救急車を呼ぶ瞬間は平常心でいられない場合が多く、気が動転してしまいがちなものです。

そんな時の為にも普段から健康保険証、診察券、財布、タオルや簡易的な着替え等の最低限必要な物は、まとめて保管しておくといざという時に便利でしょう。
また戸締まり、火元の確認も重要です。まずは落ち着いてなるべく冷静に対処することが重要です。

もしものために

万が一、呼吸がない・異物をのどに詰まらせた等場合はすぐに心肺蘇生(人口呼吸)を行ってください。
重要な事は119番に電話し、繋がったら電話を切らず繋げたまま、電話をスピーカーにした状態で指示に従いながら行うと良いでしょう。とにかく冷静な状況で対処しましょう。

以下を押すと別枠で心肺蘇生の対処法が開きますので、もしものために参考にして下さい。

  日本救急医学会市民の為の心肺蘇生

出典:日本救急医学会

子ども医療電話相談(#8000)まとめ

我々が子育てをしていた時代には無かった事業という事もあり、私は「子ども医療電話相談(#8000)」の事を知りませんでしたが、皆さんはご存知でしたか?
子どもを授かるまでは、その存在すら知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

内閣府の世論調査によると#8000の認知度は、子どもがいない人まで含めると1割程度しかないそうです。ですから9割の方は#8000を知らないということになりますね。

子どもが急な病気やケガをしてしまった時など、今までは何が何でも夜間救急病院などにすぐ連れて行きましたが、実際には「この程度ならすぐに病院に来なくて大丈夫」と言う方が多いとの事です。また何が何でも病院となると医師も時間外勤務となる場合があり、あまりの激務で対応に苦慮していると聞きます。また、その時に診てくれた当直の救急担当の医師は必ずしも小児科の専門分野とは限りません。

現実的な話をすると、#8000や#7119(急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口)で対応する医師や看護師も、話だけでは正直判断しかねるでしょう。
また大げさに説明されたけど実は軽傷だったりすることもあれば、大した事ないように話をされて、軽傷と判断したが実は重症だったりするパターンもあります。
ですから後々、「責任は誰にあるのか」まで発展しかねない場合もありますので、相談したい内容はありのままをきちんと伝える事が大切だと思います。

その結果が「最終的に自己判断してください」と言う事であるならば、それは経験を伴う自己判断の上、緊急病院に連れて行く事も十分有りだと思います。

とにかく沢山の人が#8000や子どもの救急サイトを使って適切な対応ができるように、多くの人にこの存在を知ってもらいたいと思い、今回記事に取り上げました。

利用する機会がない事が勿論一番なのですが、もしこのような場面に見舞われた場合は「こども医療電話相談(#8000)」を活用して頂きたいです。

「子どもがいっぱい笑ってる」は「子どもに笑顔を、保護者に情報を」を目的に運営しています。
この情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント